のぞむ未来に向けて小さなプロジェクトを進める

刺激創発型プログラム

多彩な講師や先行地域の事例に学びながら、
実際にじぶん自身のプロジェクトに取り組みます。

初めての挑戦、限られた期間・・・
そんなに簡単に期待した成果には繋がりません。

上手くいかない自分の経験や同期の経験に学び、講師や先端的地域の仲間に学び、
少しずつプロジェクトが動き始める
ダイナミクスを体感できるプログラムです。

刺激創発型プログラム

クラス学習、プロジェクト学習、地域訪問&協働を通じて、

「あたま」「こころ」「からだ」を
刺激する

「あたま」「こころ」「からだ」を刺激する

《Head》未来から逆算して、現在を考える
(バックキャスティング、シナリオプランニング、構想)
《Heart》自分のやりたいことと、仕事を繋ぐ
(マイプロ、マインドフルネス、着想)
《Hands》協働するための関係性をつくる
(観察、共感覚、“きく”)

プログラム期間中に1〜2回程度、地域へ訪問します。
その後もSkypeや自主的な地域訪問を通じて、各地域と連携して進めます。

変化しながら進む

3つのステージ

変化しながら進む3つのステージ

1人ひとりのプロジェクトを中心に据えながら、
お互いのプロジェクトが交わったり、
訪問した地域との連携が進んだりと、
多様な変化が訪れます。
また、“地域”の
捉え方も大小様々。
大切なポイントは、プロジェクトの成功ではなく、
プロジェクトを通じて、カレッジ修了後に活かせる「再現性のある学び」があること。
そして、長いプロジェクトを続ける仲間ネットワークができることです。

GO TO TOP